台湾はサーフトリップ先として大分メジャーになってきているが、まだまだサーフィン人口は少ないので日本の海のような混雑とは無縁だ。沖縄よりも南に位置しているため温暖で、料理もおいしく物価も安め。そのうえ人々も親日ときたら、これはもう行くしかない。というわけで世界放浪後初となる旅は友達と3人で台南(台湾南部)へサーフトリップ。サーフィンしつつ写真も撮っていると、気付けば2人の専属カメラマンと化していた。それはそれで楽しかったが、自分の写真が残って無いのが悔やまれる…。